タバコのヤニ付いた天井

喫煙者の方々は非常に気になるのが、引越しをするときに、住んでいた部屋のヤニ汚れは大きな問題として挙げられるでしょう。 自分で掃除をしてもタバコのヤニはなかなか落ちなくてさて、どうしたものかとお考えの方々も多いと思います。 皆さんは自宅でタバコを楽しむ際に、どのような工夫や対策を行っているのでしょうか。

部屋に付いて取れないヤニ

タバコは、喫煙をした際にたくさんの煙を放出します。 それがヤニとなって住居の壁に汚れを定着させます。 これはなかなか普通の掃除では落ちず、結局引越しをするときの大きな問題として残ります。 現状復帰とはよくいいますが、趣味の世界なのに大家から文句を言われ、困り果てている人も数多いのではないでしょうか。

おすすめリンク

自分の家でタバコ吸いますか?

まず、あなたはタバコを普段吸いますか?
外出先や喫茶店等はそうですが、特に自宅でかなりの本数を吸われる方はどの位いらっしゃるのでしょうか。
しかし、この異常な嫌煙ブームの中では、唯一自宅の部屋が一番ほっとしてゆっくり一服できる場所かも知れませんね。
ただ、困ってしまうのが長年吸い続けていると部屋の家具や壁。天井にヤニがたっぷり付いてとれなくなってしまうのは困り者ですね。
これは洗剤でもなかなか落ちず、最終的には専門の業者に依頼、または天井張替えなどにいたる場合も多々見受けられます。
みなさんは引越しの際などどのように対策なさっているのでしょうか。
ただ、タバコはなかなかやめられないので、仕方なくそのままという方がほとんどでしょうか?

賃貸住宅にお住まいの方々はまだ良い方で、敷金の戻りや契約金を合わせてなんとかなったという方も多いと思います。
ところが分譲マンションを購入、又一戸建てを購入された方々は、本当に大変かと思います。まず自己所有の持ち物のためすべて修復にかかる費用は実費となり、大変大きな出費となります。
また趣味が趣味だけに、家族の同意も得られず、そのまま我慢してそのまま住んでいらっしゃる方も多いとお聞きします。

このサイトでは天井の張替となった場合、どのくらいの範疇で交換がはたして可能なのか、また費用や日数に関してはどの程度必要なのかなど、普段はなかなか分かりにくい部分を追求してみたいと思います。


天井張り紙交換?

そこで、いっそ天井を張り替えてしまい、現状に戻すといった状況になってしまう、結果大きな出費となってしまうといった例も多いと思います。 じゃあタバコをすわなきゃ良いといった意見も有るでしょうが、喫煙者には、そんな単純なことでは済まず、上記のような方法を取らざる負えない方が大多数かと思います。